プログラミング無しでツイッターbotを作って見た🤖

安ければ、どこでもいいから旅行したい。時期もぶっちゃけいつでもいい。
そう思ったことはないだろうか?

そんな思いがあったので、数時間かけてTokyo Cheap Flightsというツイッターbotを作ってみました。

このアカウントをフォローして通知ONにすれば、東京発の格安航空券情報が出た時にプッシュ通知が来る。個人的にはとても便利だ。

仕組みはこうだ:

  1. いくつか海外の格安航空券を紹介しているツイッターアカウントをスクレイピングする。
  2. “Tokyo”という単語が入っているツイートがあったら、自動でそのツイート内容をTokyo Cheap Flightsのツイッターアカウントでつぶやく。
    *ちゃんとTokyo Cheap Flightsのツイートは発信源のアカウントにリンクバックする。これをやらないとマナー違反🙅🙅🙅

作り方

今回はZapierというプラットホームを使います。

2つのサービスを繋げて「○○が起きたら○○する。」といった自動化が実現できるツールです。

Tokyo Cheap Flightsを作ってみましょう。

まずはトリガー(引き金)としてツイッターを選ぶ。
ツイッターの中の具体的なトリガーは”Search Mention”

その後、自身のツイッターアカウントを繋ぐ。
ここでなんの検索に引っ掛けるかを書ける。

書いた検索の訳は:”@Fly4freecom”のツイートから”tokyo”を探す

他に使える検索項目は全部ここにある。

続いてはアクション(効果)。また、ツイッターを選ぶ。

その後、Create Tweetを選択し、ツイートを発信したいアカウントを選択。

次はツイートの内容を決めれる、一番楽しいステップだ。
Messageの中の空欄右の四角をクリックすると、先ほどの”Search Term”での検索結果出てくる情報(APIで返ってくる情報)が全て見える。ツイートしたユーザー名、ツイート内容、写真、URL、写真URLなどその他全てだ。

こうやってアプリケーションの裏側で動いてる情報を全てテキストで見えるのはいつやっても楽しい。

我々の場合は内容だけが欲しいので、Textを選ぶ。ついでに文字制限を大切にするためにリンクも全て短くする。
そのあとテストしてみて、問題なさそうだったら終わり!

問題ナッシング。

他の使用例

嘘をつきました。この記事はツイッターbotの作り方と見せかけて、実はZapierのような自動化プラットフォームの便利さを紹介したくて書いた記事です。

例えばZapierに似ているIFTTTは毎月人に自動でリマインダーメールを送る為に使ってます。

左は24日に彼女に彼女の分の家賃を送金するようリマインダーメールを送ってます

右は共同創業者に領収書を全て会計士に送るようリマインダーメールを送ってます。

自動化は楽しい。人生が楽になる。自分が見たい格安航空券情報もツイッターでみれちゃう。一度IFTTTZapierで遊んで見てください。

そして、東京発の格安航空券に興味あったらをTokyo Cheap Flightsぜひ見てみてください。